カジノキ 梶の木
Broussonetia papyrifera Venten. (1799)
← Morus papyrifera Linn. (1753)
科 名 : クワ科 Moraceae
属 名 : カジノキ属 Broussonetia
L' Her. ex Veenten. (1775)  nom.cons.
英 名 : paper malberry , tapa-cloth tree
中国名: こう(木偏に勾)樹
原産地 : 中国中南部、台湾、東南アジア、マレーシア、インド、太平洋諸島
用 途 : 樹皮から採れる繊維を紙の材料とした。
日本でも古くから栽培されており、自生のように見えるのは、それが野生化したものということだ。
南太平洋諸島やハワイでは樹皮を、棒で叩き延ばして作る「タパ布」の材料とする

カジノキは雄株と雌株が異なる 雌雄異株である。 
小石川植物園にはカジノキの雌株は無いものと思っていたが、今回改めて調査したら 園内に1本と、もう1本 職員宿舎の敷地内に生えていた。

@ : 70番通り左の雄株 A : 宿舎の雌株

上部の濃い色の葉は 別の木のもの。

@ と Aは、割と近い位置関係にあったが、道路拡張工事のために伐採。
幹の様子
太くなると 樹皮が縦にひび割れる。

                   枝振り 春の芽出し         2001.4.22
昔のカメラで 画質が悪い・・

                     新緑の産毛             2007.5.12
葉が大きくなっても 毛は残る。 葉は先が尖った卵形のもの以外に 深く切れ込む事も多く、切れ込みが複数になることもある。
こんな形まで!

裏は白

                尾状に垂れ下がる 雄花花序       2009.5.5
まだ つぼみの状態 咲き始め 花弁・雄しべの数は4個
すべて 2009年5月5日

                   雄しべが出た状態          2009.5.2

                    満開状態の雌花          2007.5.12
雌しべが透明なピンク色をしている。                  京都植物園

                 ほぼ咲き終わった雌花         2009.5.21
京都植物園

                                果 実                   ともに 2010.10.3
球状の集合果の中で種子が育ち、熟すとそれぞれ橙色の「肉質の柄」で飛び出してくる。  これが甘いために鳥がよく食べ、糞として種子をばらまくので、園内でもあちこちに生えてきている。  直径 2cm強。            10月3日
種子は柄の中ではなく 先に付いている。  糸状の花柱は最後まで残る。

種 子
直径 1. 5 mm
 
カジノキ の 位 置
雌株: G11 b
G10 a

職員宿舎 道路際、伐採
イチョウの近く
:写真@
 
雄株: F8 b
F7 d
D15 b


70番通り左手、標識75手前 
 同上 ニッサボクの裏
立入り禁止区域 土手
:写真A

名前の由来 カジノキ Broussonetia papyrifera

カジノキ
カジノキとは別種の ヒメコウゾ や コウゾ の古名を「カゾ」と言い、似た種類の本種も「カゾノキ」と呼ばれたものが訛ったもの。

昔から 日本でも中国でも、「カジノキ」と「ヒメコウゾ」、その雑種である「コウゾ」が混同されていたようだ。
 
の木
「梶」の音は「ビ」であるが、『角川漢和中辞典』によると訓読みは無い。
意味としては「@こずえ、Aかじ」があり、「かじ」には例として、「船のかじ(舵)」と荷車などの前にある手を掛けて引く「梶棒」が載っている。
そこで、由来の別案:
「梶の木は 櫓や櫂などの船の用材にも使われ、船のカジ、カジの棒をいう。 梶の字義は尻尾のような細い木である。 カジの語源は カキ(掻き)+モチ(持ち)で、カキモチ→カイモチ→カイジ→カジ と変化した。カジノキの材がこれらに用いられたため、カジ が樹名に転用された。」
『語源辞典 植物編』吉田金彦 より
 
種小名 papyrifera : 紙のある という意味
カジノキの学名について、植物名規約上の最初の命名者は リンネ ということになっている。
記載されたのは『植物の種』(1753) 986ページで、クワ属 Morus に分類されているが、その項には、 参考文献のひとつとして ケンペル Engelbert Kaempfer による『廻国奇観』があげられている。
 
『植物の種』/復刻版 1934 赤線は筆者が加筆
左が種小名。 Kaempf. amoen. がケンペルの『廻国奇観』
 
 
ドイツ人ケンペルは、オランダ商館付きの医師として 1690年に長崎にやってきた。 日本に2年あまり滞在したケンペルはたくさんの植物調査も行い、帰国後の1712年に 『廻国奇観』 (原題 : Amoenitatum Exoticarum )を刊行した。

カジノキ(書中の項目名は 楮、Kaadsj )については図版まである上に、その図版内には 「楮」の漢字と ”Morus papyrifera” という現在の学名に相当する文字の記載まである。
 

『廻国奇観』/国際日本文化研究センター所蔵
資料利用許可 取得済み(日文研資利第009号)

図では 左側が「楮」(カジノキ)である。

ケンペルは カジノキが日本原産ではない事まではわからなかったかも知れないが、当時すでに栽培されて紙の原料として使われていることを知って、papyrifera という言葉を記載したものである。

リンネがこれを参考にして カジノキの学名に採用したのは明らかである。

『廻国奇観』にはカジノキに続いて、ツルコウゾ (書中 漢字の表記は無し、Kaadsj Kadsira , Kago Kadsira )の記載もあるのだが、不思議なことに、『植物の種』には この「ツルコウゾ」の記載がない。図が無かったためだろうか。
Broussonetia 属 : 人名による
18世紀 フランスの博物学者ブルソネ P. M. A. Broussonet (1761-1807) を顕彰したもの。
熱帯・温帯アジアに8種、マダガスカルに1種があるという。
 
クワ科 Moraceae : mor (黒の意) から。
クワに対するラテン古名に由来する。そのもともとの語源はケルト語の mor で、熟した時の黒いクワの実からきている。
 
 参 考 ツルコウゾ と ヒメコウゾ

『植物の種』には記載されなかった「ツルコウゾ」と、もう一種 日本に自生する「ヒメコウゾ」の学名は、ともにシーボルトが命名している。
 
ツルコウゾ 蔓楮 : Broussonetia kaempferi Sieb. (1830)
『廻国奇観』に載っていることを知っていたシーボルトが、ケンペルを記念して名付けたものである。
 
ヒメコウゾ 姫楮 : Broussonetia kazinoki Sieb. (1830)
本州、四国、九州の山地などにごく普通にある木で、古くは製紙の原料とされた。

種小名 kazinoki は、シーボルトが間違えたのか、教えた人の間違いか。
カジノキは雌雄異株、ヒメコウゾは雌雄同株というはっきりとした違いがあるのだが、一般の人にとってはどちらが「カジノキ」でも、「コウゾ」でも 問題はなかったためだろう。

残念ながら 両種共に写真がない。
 
コウゾ 楮 : Broussonetia kazinoki × B. papyrifera
現在栽培されているのは、雑種の中から選別されてきたもので、様々な種類があるそうだ。
コウゾ
小石川植物園


植物の分類 APG II 分類による カジノキ の位置
原始的な植物
 緑藻 : アオサ、アオミドロ、ミカヅキモ、など
 シダ植物 :  維管束があり 胞子で増える植物
小葉植物 : ヒカゲノカズラ、イワヒバ、ミズニラ、など
大葉植物(シダ類) : マツバラン、トクサ、リュウビンタイ、ゼンマイ、ヘゴ、オシダなど
 種子植物 :  維管束があり 種子で増える植物
 裸子植物 :  種子が露出している
ソテツ 類 : ソテツ、ザミア、など
イチョウ類 : イチョウ
マツ 類 : マツ、ナンヨウスギ、マキ、コウヤマキ、イチイ、ヒノキ、など
 被子植物 :  種子が真皮に蔽われている
被子植物基底群 : アンボレラ、スイレン、など
モクレン亜綱 : コショウ、モクレン、クスノキ、センリョウ、マツモ、など
 単子葉 類 : ショウブ、サトイモ、ユリ、ヤシ、イネ、ツユクサ、ショウガ、など
真生双子葉類 : キンポウゲ、アワブキ、ヤマモガシ、ヤマグルマ、ツゲ、など
以前の分類場所  イラクサ目  イラクサ科、アサ科、クワ科、ニレ科、など(イラクサ目はなくなる)
中核真生双子葉類: ビワモドキ、ナデシコ、ビャクダン、ユキノシタ、など
バラ目 群 :
バラ亜綱 : ブドウ、フウロソウ、フトモモ、など
マメ 群 : ハマビシ、ニシキギ、カタバミ、マメ、バラ、ウリ、ブナ、など
バラ目  バラ科、グミ科、ニレ科、アサ科、クワ科、イラクサ科、など
クワ科  パンノキ属、カジノキ属、イチジク属、ハリグワ属、クワ属、など
アオイ群 : アブラナ、アオイ、ムクロジ、など
キク目 群 :
キク亜綱 : ミズキ、ツツジ、など
シソ 群 : ガリア、リンドウ、ナス、シソ、など
キキョウ群 : モチノキ、セリ、マツムシソウ、キク、など
後から分化した植物 (進化した植物 )           

注) 以前の分類とは クロンキスト体系とするが、構成が違うので、APG分類表の中に表現するのは正確ではない事もある。 その場合はなるべく近い位置に当てはめた。

小石川植物園の樹木 −植物名の由来− 高橋俊一 五十音順索引へ